ちぃ通信

イギリスでワーホリ生活、700日の記録。

【英語学習に最適!】ロンドンの公共図書館、カード作成方法

 英語圏に住んでいるだけでは英語ってなかなか上達しません。

意識的に英語をインプットする時間が英語力を向上させる為には必要だと感じていて、無料で英語の本が借りられる図書館という存在は使わない手はないと個人的には思っています。

気軽に、沢山の英語の活字に触れられるって有難いですよね☺️

私はすっかりロンドンの公共図書館にお世話になっています✨

 

そこで、今回はロンドンの図書館を利用する際に欠かせない会員カードの作り方を紹介したいと思います*

図書館


 

そもそも、図書館のカードを作ることをオススメするのには3つ理由があります。

 

一つ目に、日本と同じく、図書館で本を借りる際には会員カードが必要。

二つ目に、図書館スタッフの不在時間でも、カードがあれば自由に図書館を利用可能。

三つ目に、一つのカードで近隣にある複数の図書館を利用可能。

 

特に、カード作成を強くオススメする理由は二つ目にあげた点にあります。

 

カードを作らなくても図書館には入館できるし、本の閲覧もできます。

けれど、これはスタッフが図書館にいる時間に限ります。

 

初めて図書館を訪れた時に、私はこれで二度手間を食らったのですが、図書館スタッフは常時滞在しているわけではないのです!!

スタッフ不在のセルフサービス時間は、カードがないと入館できません。

しかも、かなり限られた時間にしかスタッフの人たちは居ません…。

毎度毎度、その時間しか図書館に行けないというのは不便ですよね。

その点、カードさえあれば自由に出入りできて、本も借りることができます!

 

では、カード作成には何が必要なのか。

・申し込み用紙

・身分証明書(パスパート、BRPカードなど)

・住所がわかるもの(自分宛の郵便物など)

の3つのみ!

 

申し込み用紙は図書館の入り口付近に置いてあるので、その場で記入が可能です。

左が申し込み用紙、右が各図書館の開館・スタッフ滞在時間のリスト表

申し込み用紙の中身

記入が終わったら、上記3つを持って、カウンターにてカードを作成してもらいます。

セルフサービスの時間帯に入館する為には、4桁の暗証番号を設定する必要があります!その場でスタッフの人にどの数字がいいか聞かれますので、予め考えておいてもいいかと思います😊

 

私がカードを作った時は、スタッフの人がカードを使っての本の借り方・図書館の出入りの仕方を実際にやって見せてくれました。

 

カードを作ってしまえば、とても快適!!

好きな時間に、都合のいい図書館を利用することができる様になります♫

 

また、全ての図書館にあるかはわかりませんが、英語学習者には嬉しい、penguinreaders やoxfordの英文多読の本も置いてあります

f:id:chakkiy:20191119075217j:plain

借りてきた多読本。短いストーリーなので、集中力を切らさずに読みきれます!

私は、近くの図書館の多読コーナーの本を全制覇することを、密かな目標にしています😊

 

そして、図書館の掲示板には、館内の多目的室を使っての音楽教室やヨガ教室、ノンネイティブの人に向けた英会話クラス等の教室の情報が貼り出されています。

基本無料で参加ができるので、気軽に参加できて良いですよね。

参加すれば同じ地域に住むお友達もできやすいかも!?

 

先日、近所の図書館の英会話クラスに初参加してみましたが、想像以上に良かったので、また行きたいと思っています*

 

個人的に、図書館は英語力を向上するのには欠かせない場所だと思ったので、今回は図書館を利用する為に必要なカードの作成方法をシェアしてみました!

 

www.gov.uk

上記サイトでポストコードを入力して、自分の家から一番近い図書館がどこか知ることができます😊

ロンドン在住者で、「英語力アップさせたいなぁ~」とお考えの方は是非一度、図書館利用を検討してみてください♫

 

では、また💛