ちぃ通信

イギリスでワーホリ生活、700日の記録。

私らしい文章とは

近頃、ブログを書く時にどんな文体で書くのが1番しっくりくるのかもんもんとしております(絵文字をどの程度使うかとかね)。

私は作家、小川糸さんのエッセイを読むのが大好き。イギリスにも持ってきています。ですます調ではない、ぽろっと心の中で思ったことを時には少し荒ぶりながら書いている文体が、とても落ち着くし温かさを感じるのです。

そんな文体、私も試してみたいのですが普段絵文字を多様するタイプの人なので、難しいだろうなぁ。

ブログを書いているうちに私らしい文体が出来てくることを願って、書き続けたいと思います。今度は何を書こうかな?

 

そんな今日はロンドンの外に向かっています。

f:id:chakkiy:20191009185709j:image

National Railに乗る時の私のお供。スモークベーコンとラズベリージャムの相性が堪らんのです。