ちぃ通信

憧れの国イギリスでワーホリ生活

硬水のおかげ?お肌に嬉しい変化。

近頃、鏡で自分の顔見るの嫌いじゃないです。

何故かって??

それは、お肌の調子が良いから!!

 

日本にいるときもニキビなどは出来にくい体質で(両親からの遺伝に感謝です)、肌荒れに悩む!というほどでもなかったのですが、一つ、憎い奴が常に存在してました…。

小鼻の白いポツポツ!!

鼻周りが汚いのなんのって…😢

 

小鼻の角栓パットを使ってもダメ、クレンジングを念入りにしてもダメ、保湿を頑張ってもあまり効果なし!本当に嫌でした。至近距離での会話とか本当に辛かったです😭

 

それが、イギリスに来てしばらくした頃から消え去っていることに気づいたのです!!

あとは全体的に毛穴も気にならなくなった気がする!(あくまでも主観)

特別なことは特にしていないので、水かな?と思っています。

 

しかし、知ってる方もいると思いますが、イギリスの水は日本とは違い硬水乾燥肌になり易いと言われています。

実際、お風呂上がりは凄く乾燥しているのを感じるので、化粧水・クリームでの保湿、ボディクリームはマストです。

イギリスに来たばかりの頃は夏終わりなこともあって、ボディクリームを使用していなかったのですが、ふくらはぎがカピカピでした😰

今は、お風呂上がりに必ず塗るようにしているので問題なしです*

 

身体にはダメージがあっても、顔は寧ろ改善されたので本当に不思議です。

ネットで軟水と硬水の美肌効果についても調べてみましたが、サイトによって言っていることはバラバラ…。

美肌に水の種類は関係ないとか、軟水のほうがいいとか。(それでも、硬水の方が効果的という記事は一つも見ませんでした😂笑)

ただ、ヨーロッパに移住した方何人かのブログでも、「こちらに来てから肌の調子が良くなった!」という記事を何個か見かけたので、体質の合う、合わないもあるんだろうなぁと言った感じです。

 

結局肌の調子が良くなった原因はよく分からないままですが、引き続きこの状態を保ってくれることを願っています♫

私的、理想の休日

お休みの日って、みなさんはどう過ごしていますか?

先日、管理人的にはとても理想的なお休みを過ごせたので、そのお話と、自分がどういう過ごし方が好きなのか少し分かった気がしたので、書き残したいと思います。

 

 その日は勤め先のお店自体が定休日だったので、同僚とランチに行く約束をしていました。朝に予定はなかったので、目覚ましをかけずにゆっくり起床。

朝日の入り込むバスルームでシャワーを浴びて、クロワッサンと紅茶で朝食を済ませた後は、これまたゆっくりと化粧をします。

全ての動作がゆっくりでも問題がない、なにも急ぐ必要がないお休みって素敵ですね。大好き。

 その後は、同僚との待ち合わせの駅に向かい、ランチをするお店を決めるために駅を少し離れてぶらぶら。お互いが気になったお店に入りつつ、結局駅近くにもどりカフェでランチ。一人で作業をする人や、友達・家族で訪れていたりと色々なお客さんがいたけれど、とても落ち着いた空間で暖かかったです。

ランチ後も少し時間があったので、先ほど歩いた方向とは逆の方面にむかって食後のお散歩。ちょうど自分たちが帰りたい駅の方面だったので、一駅分歩くことにしました。

途中に大きめの公園を見つけて、紅葉している木々と鳥やリスたちを眺めながら歩きました。木がたくさんで、ロンドン中心部とは違う新鮮な空気がそこにはありました。

同僚(日本の子です)と、今までどんなことをしてきたのか、これからの目標はあるのかとか、色々とりとめもなく話しもしました。

駅に到着したところで、その子とはバイバイ。

たった4時間くらいの間だったのですが、全てがゆったりしていて、すごく心地よかったです。

 

お家に戻ると、大家さんには「もう戻ってきたの?」と少し驚かれましたが、私にはこれで充分なのです。

むしろ、この3、4時間を誰かと過ごして、後はお家で過ごすというスタイルが私的には理想の休日の過ごし方。後の時間は、自分一人の時間。自由気ままに色んなことをして、色んなことを感じ取れる時間。

 

今、私が住んでいるのは母国日本を遠く離れたイギリスだし、2年間という期限もある。「せっかくなんだから、沢山外に出かけなくちゃ勿体無い!」という意見もあると思います。

けれど、私にとっては今は、このゆったりと、只毎日を過ごすことが良いんです。

只、刻々と変わっていく空の様子を眺めて、綺麗だなって思ったり、家族・友達のことを思い出したり、これからのことをぼんやり考えてみたり。

自分でご飯を作って、何が入っているとこういう味がするんだなっていう事を覚えていったり、街を歩きながら、日本との違いを発見して、自分は何が好きで何が苦手なのかを知っていったり。

 

日本を離れているこの期間は自分と向き合って、自分のことをもっとよく知る時間に充てれればなと思います。

人生80年として(100歳までは生きたくない)、まだまだこれから。2年くらいゆっくり過ごす期間があってもいい良いでしょう、と思うのです。(日本に戻った所で、以前のようにはもう働けないだろうなぁとも感じたりしますが。笑)

 

勿論、自分にも「沢山の場所に足を運ばなくちゃ」と言う考えはあります。

だって、色んな事を体験して、触れて、見てみたら、もっと自分のことを知れるじゃないですか。

けど、私には体力的に少しハードだったりします😂

その後、同じ時間だけのお家引きこもり時間が必要。笑

 

同僚には「お婆ちゃんみたいだね」って言われました。

もうそれで、良いです。笑

f:id:chakkiy:20191106080253j:plain

 

オイスターカード、top upし続けるか、定期券を購入するか

近頃、ロンドンで生活していて一つ気になることが。

一体どの交通機関を使うのが一番お得なの⁉︎という点。

 

ロンドンに来てから二ヶ月ほどが経ちましたが、未だに交通料金の支払いシステムはよく分からないまま…。

一々、Oyster cardにチャージ(こちらではtop upと言います)するのも面倒だし、と思い、いつも簡単にZONE1からZONE3までの一カ月定期券(travel card)を購入していました(£158.30)。

 

ただ、色々な人と話していると定期券を買っている人は少ない様子。

段々と、自分は余分にお金を払っているんじゃないか?という気がしてきたので、一念発起して、今真実を明らかにしようと思います😕

f:id:chakkiy:20191105200337j:plain 

 

私が普段使っている公共交通機関は、もっぱらバスと地下鉄です。

 

バスは一回£1.5。

そして、一時間以内であれば、何回でも同じ料金で乗り換え可能!

この事実を最近まで知りませんでした😂笑

 

地下鉄は、住んでいるZONEと行く先によって値段は変わるのですが、

私の住んでいるZONE3で考えると、お隣のZONE2に行くには£1.5。

ロンドンの中心部のZONE1で降りる、又は経由すると£2.8になります。

ここで一つややこしいのが、平日の通勤時間帯(朝6:30-9:30、夕方16:00-19:00)は値上がりします。£1.5→1.7/£ 2.8→ 3.3という具合です。

 

一番高い時間帯で考えると、一度ロンドン中心部に行くだけで往復£6.6 約900円。

た・か・い!!!

ですが、ここで又ややこしいルールが。それは、1日の上限金額が決まっている

例えば、ZONE1からZONE3までの間はOyster cardからは1日£8.2までしか引き落とされません。つまり、地下鉄を2往復すると考えるとお得なわけです。

 

以上の料金ルールのことを踏まえて、管理人の使用頻度では実際いくらかかっているのかみていきたいと思います。

 

~管理人のオイスターカード使用頻度~

通勤 :週4回 (地下鉄でZONE3からZONE2。但しZONE1経由)

図書館:週1回(バス)

ロンドン中心部:週1−2回(地下鉄)

一ヶ月を4週で考えた場合、およそ計£154

結局、定期券と同じくらいの費用はかかる計算でした。 

 

あまり差がないことが分かったので、余計に今後どうするか悩みます…😭

けど、定期券を購入せずの方が少し安いので、次回の定期券が切れる時には、一度、その都度チャージ方式を試してみたいと思います*

 

tfl.gov.uk

⬆︎のサイトで移動したい区間の値段や、色んな定期券をチェックすることができます。

 

では、また♫

イギリスでのハロウィン

10月も最終日。

10月31日と言えば、ハロウィーンですね。

 

日本では近年クリスマスよりも盛り上がりを見せているイベント。

毎年、話題になる渋谷交差点の様子を見て、人の多さと、何に盛り上がっているのか良くわらかない雰囲気に怯えているわたしです。笑

今年は1億円も渋谷の警察配備に税金が使われたそうですね。そこまでして私たち日本人がハロウィンをお祝いする必要性って何処にあるんでしょう…😕

 

さて、所変わり、欧米で本場のイメージのある、イギリス・ロンドンでのハロウィンの様子はと言いますと…。

いたって静かです。笑 ハロウィーンの存在感の薄さよ!!

どうやら、イギリスの人たちにとってはハロウィンはアメリカの文化であって自分たちとは関係ない、というスタンスの様子です。

それでも、小さい子供達は思い思いに仮装をして「Trick or Treat!」とお家やお店にやってきます♫

出勤日だった今日、お店の通りを歩く小さいJOKERや魔女さん達に癒されていました☺️

 

今、ロンドンの街はもっぱらクリスマスに向けて浮き足立ちはじめている雰囲気。

スーパーやデパートにはクリスマスまでをカウントダウンする「アドベントカード」が並び、大きいおもちゃ屋さんに入ればサンタのソリとトナカイさんが出迎えてくれています。

「秋どこに行った?」というくらいに一気に寒くなってきているこの頃のロンドン。

寒さと街の年末に向けての華やかな雰囲気に、日本の家族や友達が恋しくなる、今日この頃です😭笑

 

f:id:chakkiy:20191101073108j:plain

唯一、撮影していたハロウィンらしい?写真📸 

 

では、また*

初めてのロンドンシェアハウス、一ヶ月の自炊費用

シェアハウス生活を始めて一ヶ月。

ホームステイ時代は、1日二食付きで、食事を用意する必要がなかったのですが、シェアハウスではそうはいきません!

ロンドンは外食がとにかく高いし、噂によれば「自炊なら下手したら日本よりも安くなる」との情報も!

これは自炊をしない手はありません

ですが、日本でも実家暮らしで料理は全くしてきませんでした…。

ので、一人暮らしの一ヶ月の自炊にどれ位の食料が必要になるのか、料金はどれ位で収まるのか、見当がつかない!

 という事で、この一ヶ月食料品購入時のレシートを溜め続けてみました

 

f:id:chakkiy:20191029203059j:plain

早速、結果を確かめてみましょう〜*

管理人は週に1〜2度は外食をしておりました。

ロンドンのスーパー

ロンドンには格安スーパーから高級スーパーまで幅広くブランドがあります!

私はお家の側にお安めの大手スーパー「TESCO」の大型店舗がありますので、普段はそちらを利用しています♫

どうしても日本・アジア料理の食料品が欲しい場合には日本食スーパーやアジア系食品スーパーにも足を運びます。お値段はどうしても高くなりますが、調味料など譲れないものもありますよね😭

 (また今度、ロンドンのスーパーについても詳しくブログに書きたいと思います*)

実際の購入品

一ヶ月で実際に何を買ったのか!見ていきましょう~😊

調味料

自炊を始めたばかりで調味料が何もない!という事で色々買い揃えました*

現地スーパー

塩、胡椒、オリーブオイル、ごま油(Sesame oil)、ケチャップ、蜂蜜、片栗粉

日本・アジア系スーパー

酒、みりん、めんつゆ、お酢、浅漬けの素、炒りごま

 

日本食系の味付けに欠かせない物は、ケチらずにアジア系スーパーで購入!

浅漬けの素は、お漬物のパリッとした食感が恋しすぎてつい買ってしまいました。笑

 ちなみに、日本からは下記を持参しました!↓

DAISOで購入した醤油とマヨネーズのミニサイズ、お家に余っていた粉末かつおダシ (お醤油は結構な頻度で使っているのでそろそろ買わなければです!)

 食品

実際に買った食べ物たち!

現地スーパー

牛乳、玉子、ヨーグルト、パン、野菜(じゃがいも、人参、玉ねぎ、トマト、ブロッコリー、アスパラ、ピーマン、アボカド、キャベツ、白菜(Chinese leaf) )、豚ロース、豚ミンチ、 ツナ缶、トマト缶、コーン缶、レーズン、ナッツ、コーンフレーク、紅茶

日本・アジア系スーパー

米、納豆、キムチ、韓国海苔、韓国ラーメン、中華乾麺、えのき、お揚げ

 

基本は現地スーパーで事足りますが、どうしてもアジアのものが欲しくなった時はアジア系スーパーにお世話になっています。

牛乳、玉子、ヨーグルトは週に一度のペースで買い足していました。野菜もたくさん食べたくて色々買ったのですが、トマトや茹でたアスパラなど傷めてダメにしてしまったものもチラホラ…。上手に使い切るのって難しいですね😢

 

 一ヶ月の食費代

ざっと購入したものを書き出したところで、実際にどれくらいの料金になっているのか確かめてみました。

トータル

£101.8214,250円(140円換算) でした!

もう少し細かい内訳を見てみましょう。

現地スーパー

£57.28 約8,000円

日本・アジア系スーパー

£44.54 約6,250円

毎月かかるであろう食費代

今回は初月だったので、何ヶ月にも渡って使う調味料などをたくさん買っています。

そこで、その代金を差し引いた金額も出してみました。

普段はかからない食費代

調味料→£19.77 約2,800円

お米(5kg)→£15 約2,100円

今後の毎月かかるであろう食費代

£66.85 9,360

 

何と、月10,000円を切る計算!

因みに、夜に外食をすると一度で£20くらいはかかるので、約3回の外食が月の自炊代とほぼ同じになるわけです!これってすごくお得ですよね?♫

 

今回、食費代を記録した事で、今後の毎月のお金の使い方を計算するのに役立てれそうです*

これからロンドンで生活する、自炊メインの方の参考になれば嬉しいです☺️

 

では、また! 

ロンドン、サマータイムの終わり

– サマータイムもそろそろ終わるね。

– 長い冬がやってくるよ。

と、近頃は大家さんや勤め先のオーナーなどから聞いていたのですが、

サマータイムが終わって時間がどうなるの?」と聞くと、「どうだっけ?」という具合に、意外と曖昧な様子。笑

 

結局ネットで調べてみました。

 

サマータイムって?

そもそもサマータイムとは、日の出ている時間が長くなる夏の期間、早い時間からみんなが活動しやすくなる様に、時間を一時間後にズラす事を言います。

ヨーロッパ以外にも、アメリカやオーストラリアなど欧米を中心に取り入れている国が多い様です☺️

イギリスは、夏の日の出は午前5時頃、日の入りは午後9時頃。

もしサマータイムを導入していなかったら、まだ朝の4時。外は明るいのに何だかもったいない気分になっちゃいますよね。

でも、一時間後の5時なら、「そろそろ起きて活動開始してもいいかな?」って気分になりやすそう😊

多分、そう言った人間の心理をうまく活用するために導入された制度なのかな、と勝手に解釈しております。笑

導入時期はいつ頃?

イギリスに関して言うと、開始時期3月の最終日曜日から

終わりは、10月の最終日曜日。どちらも深夜の1時に変更されます。

スマートフォン等は自動で時間を調整してくれるのですが、腕時計は自分で変更しないといけないかもしれません!

サマータイム変更時に、導入国にいる方は注意が必要です*

国によって変更のタイミングは違う様なので、そちらも気をつけましょう!

サマータイムが終わる瞬間

今年(2019年)は、10月27日の午前1時に、2時にならずにもう一度、午前1時の時刻を刻みます。

つまり、その日は一時間多く寝られる!!

その貴重な日が正しく昨晩だったのですが、たっぷりと睡眠時間をいただきました。何だかお得な気分です*

毎日サマータイムが終わる日なら良いのになぁ」と結構本気で思ったりしました。笑

それでも、イギリスに来て初めてのサマータイム。時刻が戻るタイミングは見てみたかったです😂 

来年はしっかりと起きて、時刻が変わる瞬間を目撃したいと思います!

 ⁑

サマータイムが終わったからなのか、一気に寒くなったロンドン。来週からは11月に入り、街も一気にクリスマスモードに変わっていきそうです♫

初めての、海外でのクリスマス&年越し…。

一緒に過ごす人を見つけられるか、少し不安ですが、ロンドンでの冬を楽しみたいと思います😊

 

では、また*

 

f:id:chakkiy:20191030070622j:plain

 寒い夜にぴったりなのは、あったかい雰囲気のパブと友達との楽しい会話ですね♫

課題は尽きない

先週の日曜日でイギリスに来て2ヶ月でした。

1ヶ月が過ぎた頃にも、振り返りとしてブログを書いたので、今日もここ最近の振り返りをしたいと思います☺️

 

まず、1ヶ月が過ぎた辺りから自分の環境がガラッと変わりました。

語学学校を卒業し、ホームステイが終了。新しいお部屋に引越しをしました。そして、お仕事も決まり、新しい生活がスタートしています。

 

その時その時は毎日に必死で、これからの暮らしに不安を覚えることが多いのですが、振り返ってみれば、意外と順調なのかも?と思えます😌

 

ホームステイが終了し、毎日の食事を自分で用意するようになりました。日本でもずっと実家暮らしで、家事は母に甘えっきりだったので、毎日のいろんなことに四苦八苦。それでも、とても優しい大家さんと同居なので、料理のコツなどを教えもらいながら楽しく自炊をしています。海外での暮らしの前に、そもそも一人での生活自体が初めてなので、今の大家さんに出会えて運が良かったと、心から思います。

 

お仕事も素敵なお店(どこまでお店の話しをしていいか判断がつかず、あまり詳しく説明できないのが残念)で働ける機会を貰えて、今のところ楽しく過ごせています。

 

一方で、色々な新しいことが一気に始まったために、上手く物事を整理できていないのが最近の課題です。

買い忘れが多く、食料品(特に調味料)の買い出しに休みの度に出掛けて手間だし、通いつめたいと思っていた図書館にもなかなか足を伸ばせず。お仕事を覚えることを優先すると、英語学習の時間が削られ、楽しいNetflix鑑賞もキッズ向けのアニメと、アメリカのシットコムの両方が観たくて時間を割きたいけど中々取れず…。

せっかくロンドンにいるから博物館・美術館、歴史にゆかりのある場所に訪れたいけど、どこに行くのがいいか絞りきれない。ヨーロッパ旅行も同じで、どこの国・時期がベストか分からず仕舞い。

そしてそして、漠然と、これからの人生文化の歴史と自然を感じられる様な豊かな生活を送りたい!と思っていて、その為に本をよんだりして知識を蓄えたいけど、どこから手を出していいのやら…。

 

やりたい事で溢れていることと、どう手をつけていいのか把握できていない所為で何もがパッとしない感じです😥 

ただ一つ、こうするべきだなと考えている事があって、それは、Twitterをチェックする時間を短くすること!!

ですが、同じ日本の方が同じイギリスで色々なことを思って生活している様子を見れて、元気付けられているのも事実。

Twitterとの上手なお付き合いの仕方を見つけることが、この停滞気味な生活を突破する第一歩になりそうです。笑

 

順調にことが進んでも常に新しい課題は出てくるものだ、ということを学んだ2ヶ月目になりましたとさ*

 

3ヶ月目に入る頃にはどれか一つでも進んでることを願うばかりです。

では、また♫

 

f:id:chakkiy:20191030070044j:plain

通勤途中の一枚。